受講者の声

  • 南部九州ブロック講座

    伊波サチヱ 先生(鹿児島)

    【松煙墨の香りに感動!】
    …心を落ち着かせて墨を磨り、微妙な色合いを包含する墨色の変化や、繊細な墨線と柔らかい墨香に感動いたしました。…

 南部九州ブロック講座に本部より宮原社長、そして坂本先生・神代先生・篠﨑先生・藤原先生をお迎えして、2日間で70余名の参加となりました。
 1日目は、坂本先生の「墨について」の講義でした。本部から持参された古墨の油煙墨と松煙墨
を実際に磨り比べる体験をさせて頂きました。
 心を落ち着かせて墨を磨り、微妙な色合いを包含する墨色の変化や、繊細な墨線と柔らかい墨香に感動いたしました。
 2日目は、神代先生の「筆について」の講義でした。筆つくりの選別から尾締めまで、筆の出来上がるまでの長い工程を、ビデオを視ながら学び、文房四宝への関心が一層高まりました。
 午後からは、各コースに分かれて、添削・実技・批正と熱心なご指導を受けました。
 ペンの圧力のかけ方、かなの墨色の変化等、そして条幅の筆捌きは、まるで指揮者の棒のように見えました。
 次は近隣の書友にも声をかけて、次回の研修会も楽しみにしたいと思います。