新着情報

お知らせ

2021.11.24 お知らせ 太宰府天満宮にて残菊の宴が開催されました
令和3年11月23日(祝・火)、太宰府天満宮にて残菊の宴が開催されました。
当日は雨模様のため、曲水の庭で行われる予定の「盃の儀式」と「悠久の舞」は文書館で行われました。神聖で清らかな雰囲気の中、続いて「墨書の儀」が始まり、書家の先生方9名による揮毫が行われました。
習字研究社は取締役 江藤華舟が、漢詩の「花影亂鳥聲多」を揮毫され、「いかなる時も心のひだに寄り添ってくれる書。太宰府天満宮と書友の皆様とのご縁を繋いでくれることに感謝します。今回選んだ漢詩については、心豊かになれるように四季折々の花や自然の情景を浮かべながら揮毫しました。また、この2年間コロナで大変な状況ですが、皆様と一緒に乗り切っていきたいという思いを込めて書かせていただきました。」と思いを語られていました。
当日、ご来臨いただきました皆様、並びにライブ動画を視聴していただきました皆様に心より感謝申し上げます。